RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

戸辺千尋的随想録

日々の雑感を徒然なるままに。
<< 「死にそうになってから来い」 | main | 先生の送別会 >>
まずは働け。話はそれからだ
家賃13ヶ月滞納問題。
このまま行くと、4月分の家賃滞納も間違いないので、
被告に電話して話し合おうと考えた。

しかし、電話してもすぐに切られ、以降留守電になってしまった。
仕方なく留守電に話し合いたいとメッセージを残したが、
多分かかってくることは無いだろう。

そこで、今度は被告保証人の代理人に電話をし、こちらからの和解案を提示する。
一応、保証人には伝えて説得してみるが、原告が望む回答は期待しないで欲しい、と言われた。

その後で、代理人から、被告の家庭状況について、物凄くイヤなことを聞かされた。


被告の下の子供が難病で余命わずかで、
被告の奥さんも癌を患って治療にお金が掛かってしまった、と。

このタイミングでそんな話をするとは流石弁護士。
見事にコチラの動揺を誘ってくる。

その話が本当だとしたら(たぶん本当なんだと思う)、何で被告は事情を説明しなかったのか。
もっと以前にそんな話を聞いていたら、ウチも違った対応が出来たはずだ。

しかし裁判は起こってしまった。
なら、今からでも裁判でその事実を明らかにすればいい。
本当のことを話さないから、事がややこしくなって、結局自分の身に降りかかってくるんだ。


でも、冷静に考えてみると、
確かに家族の事は不幸なことかもしれないが、
やっぱり一番の原因は、被告が働いてないことだから。
働けば、家賃も払えるし、奥さんや子どもの治療費を払えるんだよ。

ちなみに被告はこの期に及んでもまだ
ハローワークに行ってさえいないと言う。

まずは働け。話はそれからだ。

| 裁判 | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.tobe-ch.com/trackback/718476