RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

戸辺千尋的随想録

日々の雑感を徒然なるままに。
<< 目指せ完全勝利! | main | 久々の飲み会 >>
ホームスターEXTRAレビュー
ホームスター、ホームスターPROと買って、更にEXTRAまで買うのか?
と数ヶ月悩みました。理由はもちろんその値段です。
値段に見合うものが得られるかどうか心配だったからです。
しかし好奇心には勝てず、購入ボタンをポチッと押してしまいました。
そうして届いた製品は、以前のホームスター達に比べて、とても進化していました。

★デザイン
信頼感・重量感があります。
本体もそれなりの高級感があって良いのですが、デカイです。
それとホームスターPROで気になっていたレンズキャップは
EXTRAではキチンとできます。

★星の美しさ
謳い文句どおりです。
以前のホームスター達と比べて星の大きさは小さくなったにもかかわらずとても明るく、
豆電球が点いてるくらいではほぼ問題なく鑑賞できます。
星の明るさは電源を入れると必ず最高出力なので、
そのままだと星が見えすぎて嘘っぽく感じることも。
明るさは(リモコンでのみ)調節できるので、
リアルを求めるなら一番暗くしてもいいくらいです。

流れ星機能は進化しました。
まさに、ランダム。
流れる場所も早さも向きも軌跡の長さも予想がつきません。
ただ、流れ星が投影される範囲は全天ではなく、
投影装置がある辺りに偏っています。この辺は仕方ないと思います。
そうは言っても、流星観測気分を味わうには十分です。

残念なことに夏の南の空、さそり座の全体が見えません。
緯度で言えば、45〜50度、北海道くらいの星空の見え方です。
これは我が家のものがたまたまそうなのかもしれません。
だとすると、自分が住んでる35〜40度くらいの星空のものと代えて欲しいです。

そして、以前のホームスター達と比べて星の大きさは小さくなり、
星空がリアルになった分、逆に私にはその星空が嘘っぽく見えて仕方ありません。
なぜなら、本物の星空との縮尺があまりに違いすぎるのです。
オリオン座もカシオペア座も白鳥座も、そんなに小さいわけないだろう、
と思ってしまうのです。
以前のホームスター達なら星座早見盤を見てる感覚なので、
星空の縮尺など関係なかったのですが。
あと、肉眼では見えないはずの8等星まではっきり見えるのも
リアリティが逆になくなったと感じる要因かもしれません。

ただ、明らかにリアルになった部分があるのも確かで、
ボゥッと見えるM31アンドロメダ大星雲やM42オリオンの大星雲はちょっと感動的です。
ホームスターPROではカラー原板を否定しましたが、
夏の天の川などはカラーで見たくなります。

日周運動の速度が選べるのはありがたいです。
1周、3分、15分、30分の3つで、特に30分モードはオススメです。

★付属品
今回付属のカラー原板は、CGイラストなので星空を楽しむものではありません。
個人的には、見るに値しないと思っています。

そして、リモコンについて。
このリモコン、液晶が付いているくせに双方向ではありません。
リモコンから操作しても、本体がどのように設定されているのか確認できないのです。
例えばタイマーをセットするとき、
トグル式で、15分→30分→60分と切り替えるのですが、
自分が何回押したか覚えていないと何分にセットされたか本体を確認しないと分からないのです。
また本体の受光部が本体の正面の一箇所にしかないので、
リモコンを操作したいと思ったら、正面に移動しないと使えません。
私は、ベッドで寝るとき、EXTRA本体は床においているため、
寝ながらリモコンを操作することが出来ません。
結局、初めの数回、試しに使っただけで、今は埃をかぶっています。

★操作性
本体での操作はスイッチだけなので何も難しいことありません。
ただ相変わらず暗闇だと、どれがなんのスイッチか分からないので困ります。
リモコンのボタンは蓄光で暗闇で光ってはくれるのですが、
前述のとおり、使うのはなかなか大変です。

投影角度の調節ですが、
以前のホームスター達は、北方向・南方向共に90度傾けられましたが、
EXTRAは、南方向に90度だけです。
自分は北方向への傾きが必要だっただけに少し残念です。
傾けるときはボタンを押しながら角度調節を行います。
以前のホームスター達のように、ネジをレバーと間違えて折るようなことはありません。

設定した状態は、電源が切れると全てリセットされます。
明るさも、日周運動の速度も、回転方向も全てです。
イチイチ全部押しなおすのはちょっと不便です。
この辺は以前のホームスター達から少しも進化していません。

★静音性
以前のホームスター達に比べたら、びっくりするくらい静かです。
注意しなければモーター音に気付きません。
値段だけのことはあります。

★サイズ
以前のホームスター達と比べると、2回りも3回りも、いやそれ以上に大きいです。
とんでもない存在感です。
以前のホームスター達を知ってる人はちょっとビックリすると思います。
邪魔とまではいきませんが場所をくっちゃいます。

★満足度
定価6万円は確かに高い。でも高い分、間違いなく進化しています。
ただ、これ以上進化されても私はついていけません。
いくら性能を上げても、これ以上金額が高くなってしまっては
もはやオモチャではなくなってしまう気がします。

僕が某サイトのレビューに投稿した内容を転記しました。
ただし、こちらは2ヶ所の誤字を修正してあります。
さて、そこはどこでしょうか?w
| プラネタリウム | 19:27 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりにこちらのページを開いてみたら……更新されてる!
前の方の日付へのコメントは、自分も経験したことがあることなので、自分自身の怒りがこみ上げてきそうなので省かせてもらいますね。本当に頭にくるんですよ、もぅ。
ホームスターは興味はあるものの今まで一度も手を出していない製品。というのは自宅でゆっくりする余裕がないので。布団に入ったら即寝る。そんな日々。
半額でセールしていたら……と思ってはいますが、もしそこまで値下げしても買わないかも。自宅ではなく、プラネタリウムに行って見るという、ある種の特別なものとして「人工の星空」を扱っている自分がいます。
| レイチェル | 2009/02/28 1:07 PM |

ご無沙汰しちゃってスミマセン。
時々箱庭を拝見してて「レイチェルさん、大変そうだなぁ」と思いつつも、何のコメントも残さず、ホント申し訳ないです。ホームスターはプラネタリウム気分を味わうためのオモチャです。やはり本物のプラネタリウムには敵いませんし、ましてや本物の星空に比べること自体、星空に失礼だと思いますw。でも僕は、上を見上げれば星っぽいものが光ってるだけでα波が出てしまう体質なので、初代からず〜っと楽しんでいます。
レイチェルさん。ストレスで片耳の聴力を失った者からの助言です。
「是非ともお身体ご自愛ください」
| 戸辺千尋 | 2009/03/01 8:17 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/10/31 7:08 PM |










http://blog.tobe-ch.com/trackback/712294