RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

戸辺千尋的随想録

日々の雑感を徒然なるままに。
HOMESTAR PRO 2nd edition ただいま予約受付中です。
ホームスタープロがリニューアルして発売されます。

ポイントは
「4等星以上の星に微細な色を施した白黒版の原板が2枚」

ん?それって、白黒原版って言う??

「投影画像周辺の伸び・歪み、暗さを大幅に改善。」
ともあるから、光学系もいじってるのかも。
もう僕はこれ以上買えないから、買った人は是非改善点を教えてください。

家庭用プラネタリウム HOMESTAR PRO 2nd edition (ブラック)
家庭用プラネタリウム HOMESTAR PRO 2nd edition (ブラック)
セガトイズ

ホームスターシリーズの新定番!いままでのホームスター上位機種「ホームスターPRO」同等の投影力で、PROよりも価格をおさえました。自宅で満天の星空を楽しめる人気の家庭用プラネタリウム「ホームスターPRO」のリニューアル商品。ギネス認定のプラネタリウムクリエイター大平貴之氏との共同開発によるリアルな星空。流れ星・日周運動・タイマーといった機能はそのままに、投影画像周辺の伸び・歪み、暗さを大幅に改善。4等星以上の星に微細な色を施した白黒版の原板が2枚付属し、さらに、「MOON(月)」と「ブルーアース(地球)」が両方楽しめるカラー原版が同梱されます!「ホームスターPRO」同等の鮮明でリアルな星空が楽しめるモデルです。 【付属品】ACアダプター、専用原板ソフト3枚、取扱説明書

参考価格: ¥ 23,625
Amazon価格: ¥ 21,643
この商品の発売予定日は2009年4月23日です。
ただいま予約受付中です。

家庭用プラネタリウム HOMESTAR PRO 2nd edition (シルバー)
シルバーもあるよ。

家庭用プラネタリウム HOMESTAR PRO 2nd edition (シルバー)
セガトイズ





あー、それから、セガトイズさん。
「4等星以上の星に微細な色を施した白黒版の原板が2枚」
が、旧ホームスタープロに付属していたものより改善されているのなら、
単体で発売してくれたら買いますよニコニコ
| プラネタリウム | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ホームスターEXTRAレビュー
ホームスター、ホームスターPROと買って、更にEXTRAまで買うのか?
と数ヶ月悩みました。理由はもちろんその値段です。
値段に見合うものが得られるかどうか心配だったからです。
しかし好奇心には勝てず、購入ボタンをポチッと押してしまいました。
そうして届いた製品は、以前のホームスター達に比べて、とても進化していました。

★デザイン
信頼感・重量感があります。
本体もそれなりの高級感があって良いのですが、デカイです。
それとホームスターPROで気になっていたレンズキャップは
EXTRAではキチンとできます。

★星の美しさ
謳い文句どおりです。
以前のホームスター達と比べて星の大きさは小さくなったにもかかわらずとても明るく、
豆電球が点いてるくらいではほぼ問題なく鑑賞できます。
星の明るさは電源を入れると必ず最高出力なので、
そのままだと星が見えすぎて嘘っぽく感じることも。
明るさは(リモコンでのみ)調節できるので、
リアルを求めるなら一番暗くしてもいいくらいです。

流れ星機能は進化しました。
まさに、ランダム。
流れる場所も早さも向きも軌跡の長さも予想がつきません。
ただ、流れ星が投影される範囲は全天ではなく、
投影装置がある辺りに偏っています。この辺は仕方ないと思います。
そうは言っても、流星観測気分を味わうには十分です。

残念なことに夏の南の空、さそり座の全体が見えません。
緯度で言えば、45〜50度、北海道くらいの星空の見え方です。
これは我が家のものがたまたまそうなのかもしれません。
だとすると、自分が住んでる35〜40度くらいの星空のものと代えて欲しいです。

そして、以前のホームスター達と比べて星の大きさは小さくなり、
星空がリアルになった分、逆に私にはその星空が嘘っぽく見えて仕方ありません。
なぜなら、本物の星空との縮尺があまりに違いすぎるのです。
オリオン座もカシオペア座も白鳥座も、そんなに小さいわけないだろう、
と思ってしまうのです。
以前のホームスター達なら星座早見盤を見てる感覚なので、
星空の縮尺など関係なかったのですが。
あと、肉眼では見えないはずの8等星まではっきり見えるのも
リアリティが逆になくなったと感じる要因かもしれません。

ただ、明らかにリアルになった部分があるのも確かで、
ボゥッと見えるM31アンドロメダ大星雲やM42オリオンの大星雲はちょっと感動的です。
ホームスターPROではカラー原板を否定しましたが、
夏の天の川などはカラーで見たくなります。

日周運動の速度が選べるのはありがたいです。
1周、3分、15分、30分の3つで、特に30分モードはオススメです。

★付属品
今回付属のカラー原板は、CGイラストなので星空を楽しむものではありません。
個人的には、見るに値しないと思っています。

そして、リモコンについて。
このリモコン、液晶が付いているくせに双方向ではありません。
リモコンから操作しても、本体がどのように設定されているのか確認できないのです。
例えばタイマーをセットするとき、
トグル式で、15分→30分→60分と切り替えるのですが、
自分が何回押したか覚えていないと何分にセットされたか本体を確認しないと分からないのです。
また本体の受光部が本体の正面の一箇所にしかないので、
リモコンを操作したいと思ったら、正面に移動しないと使えません。
私は、ベッドで寝るとき、EXTRA本体は床においているため、
寝ながらリモコンを操作することが出来ません。
結局、初めの数回、試しに使っただけで、今は埃をかぶっています。

★操作性
本体での操作はスイッチだけなので何も難しいことありません。
ただ相変わらず暗闇だと、どれがなんのスイッチか分からないので困ります。
リモコンのボタンは蓄光で暗闇で光ってはくれるのですが、
前述のとおり、使うのはなかなか大変です。

投影角度の調節ですが、
以前のホームスター達は、北方向・南方向共に90度傾けられましたが、
EXTRAは、南方向に90度だけです。
自分は北方向への傾きが必要だっただけに少し残念です。
傾けるときはボタンを押しながら角度調節を行います。
以前のホームスター達のように、ネジをレバーと間違えて折るようなことはありません。

設定した状態は、電源が切れると全てリセットされます。
明るさも、日周運動の速度も、回転方向も全てです。
イチイチ全部押しなおすのはちょっと不便です。
この辺は以前のホームスター達から少しも進化していません。

★静音性
以前のホームスター達に比べたら、びっくりするくらい静かです。
注意しなければモーター音に気付きません。
値段だけのことはあります。

★サイズ
以前のホームスター達と比べると、2回りも3回りも、いやそれ以上に大きいです。
とんでもない存在感です。
以前のホームスター達を知ってる人はちょっとビックリすると思います。
邪魔とまではいきませんが場所をくっちゃいます。

★満足度
定価6万円は確かに高い。でも高い分、間違いなく進化しています。
ただ、これ以上進化されても私はついていけません。
いくら性能を上げても、これ以上金額が高くなってしまっては
もはやオモチャではなくなってしまう気がします。

続きを読む >>
| プラネタリウム | 19:27 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
GOTOハイブリッド・プラネタリウム(R)
千葉県にすごいプラネタリウムがあるらしい。
その名は「GOTOハイブリッド・プラネタリウム(R)」。
世界一のプラネタリウムメーカー五藤光学が誇る次世代プラネタリウムである。

その中核を担う光学式プラネタリウム=(ケイロン/CHIRON)は、
なんと1000万個を超えるリアルな星空を再現すると言う。

これは見に行かない手はない!

と言うことで、
行ってきました。
千葉まで。
わざわざ、特急に乗って。

場所は「千葉市科学館」。
本当はもっと近い「さいたま市青少年宇宙科学館」にも納入されてるらしいけど、
千葉に電車で行ったことがなかったので冒険を兼ねて、ね。
______________________

でもページの都合で冒険の過程は全て端折って
「千葉市科学館」に着いたところから。

プラネタリウムの券を買って、開演時間まで展示を見ることにする。

「千葉市科学館」の展示は面白かったなぁ。
展示が7〜10階まであって、どれもとても分かりやすく体感でき、
科学がとっても身近になること請け合い。
これこそが「科学館」だな、と思った。

それに引き換え、自分が住んでる県の科学館のショボイコト。
ウチの方は、プラネタリウムも含め全ての展示がワンフロアに収まってて
しかもそのワンフロアが、「千葉市科学館」のワンフロアより狭い。
きわめて情けない。
日本一、文化レベルが低い県だからしょうがないか。
______________________

閑話休題。このくだりも端折るべきだったな。
そもそもプラネタリウムの話だったね。


真新しいふんわりなシートに座る。
優しくリクライニングしていく。
こんな大きなドームは久しぶりだ。
いやがうえにも期待が高まる。

やがてその時は来た。

ドームが暗くなり、お決まりの日没の場面から始まる。
日が沈み、待望の1000万個を超えるリアルな星空がそこに!

そこに!

そこに。

そこ・・・に?

どこに?



えー? なにこのしょぼさ。

メガスターを見たときのあの強烈なインパクト以上のものを期待してたのに、
今までのプラネタリウムと見た目大差ないじゃん。

なんで?


がっかりと言うよりびっくりした、
とっても不思議な体験でした。

______________________

「GOTOハイブリッド・プラネタリウム(R)」の名誉のために付け加えておきますが、
星空は本当にキレイでしたよ。
初めてプラネタリウムに触れたお子様には、
宇宙への興味を引き出せるだけの十分なインパクトがあると思います。


| プラネタリウム | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
HOMESTAR Pro
久しぶりに書いてみますか。

実はホームスターは既に持っていたのだが、
ホームスターProと言うのが発売されると知って、
プレスリリース直後に予約注文した。
8月26日のことだった。

何しろスペックが格段に上がっている。
分かりやすいところで言うと
.譽鵐困4枚から6枚構成になって周辺部までくっきり見える。
白色LEDが1Wから3Wになって星が明るくなる。
9雲姥業任カラーになる。
これだけで十分期待していい。

で、12月8日にそれが届いたのだ。

結論から言うと・・・
「すげー!!」

ー辺部までくっきりみえる星空は臨場感たっぷりだ!
 これだけで感動ものである!
 イヤもうホントすごい!
■隠廚ら3Wにアップしたのは正直よくわからなかった。
 でも周辺部の明るさが中心部とあまり変わらないところをみると
 光量アップはその辺に活かされているのだろう。
カラー原版は星の色は確かにそれっぽく見えるが、
 色が乗ってる星が暗くなってリアリティが薄れてしまう。
 以前のモノクロ原版の方がキレイに見える。

そしてその他にこんな改善点が!

の星が流星に見える!
ゥ癲璽拭鴫擦静か!

こりゃホントに買って良かったと思える出来です。

■SEGATOYSさんへ伝言■
来年のクリスマス直前に発売されるに決まってる
更なる改良が施された新型ホームスターでは、
「恒星原版のカラーの改善をお願いします!」
あ、あとピント調整するとレンズが迫り出してきてレンズカバーができなくなるので
「ちゃんとしたレンズキャップにしてください!」
それから
「もっと安くしてください!(;´д⊂)」
| プラネタリウム | 23:34 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
満天の星に抱(いだ)かれて
「うわぁ!」
家族全員がため息を漏らした。

天井は6等星までくっきり見える満天の星空。
時間も忘れてボーっと星空を見つめる。
気がつくと30分くらいそうしてたみたいだ。

天の川が星なんですよ。
天の川に白鳥座が埋もれて見つけにくいんですよ。
こんな星空が自宅で見られるなんて
すごいことになったなぁ。

誰かが灯りのついてる隣の部屋のドアを開けた。
明るい光が差し込むと、
なんと3等星までしか見えない都会の空になっちゃった。

こんなことまで再現するとは、
ホームスター、侮りがたしw。


12分で1周する星空は、
別に北極星を中心に回るわけではない。
丸いドームに投影するわけでもないから、
周辺の星はとてもボヤケル。

でも、いいのである。
学習機材でも、商業用プラネタリウムでもないのだから。

コンセプトは明快である。
「家庭に降るような星空を」。
それを見事に具現化できている。
しかも驚きの19,800円(税抜き)で。

ただ、惜しむらくは、
流れ星が流れ星に見えなさ過ぎるコト。
欠陥品じゃないか疑いたくなるほどヒドイw。
(月曜にメーカーに問い合わせる所存)

でも、これは、ホント、買ってよかったっす(TдT)。
| プラネタリウム | 10:23 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
ホームスターが来る!
さっき、ホームスターを入荷したと
町のおもちゃやさんから連絡がありました。

これから取りに行って来ます!(`∧´)ゝ
| プラネタリウム | 14:43 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
ホームスター確保
ネット上では、最早入手は不可能と言われる
家庭用プラネタリウム「ホームスター」。
僕もすっかりあきらめていた。

しかし6月末にダメもとで、
近所のおもちゃ屋さんに取り置きをお願いしておいたところ、
今日「商品確保できました」と電話がかかってきた。
町のおもちゃ屋さんの底力を垣間見た気がしたw。

ただし、メーカー側の都合で、
初期出荷分が8月の頭にずれ込むそうで。

そんなの何の問題も無いやい。
とにかくウレシイなー。ヽ(´ー`)ノ
| プラネタリウム | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
プラネタリウム
左に並んでる「ホームスター」は
おもちゃの癖に、業務用プラネタリウムと同じ
レンズ投影式の本格プラネタリウム。
その星の数はなんと1万個!

この商品ってば、全くのノーチェックで、
気付いたときには注文すらできない有様。
ちなみに9月以降発売予定の第2次出荷分も予約不可の状況。

でもね、僕はいつになろうとも買いますよ。

みなさんも1万個の星空に抱かれてみませんか?
| プラネタリウム | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |